亜麻仁油(アマニ油)の効果とは?健康に良い理由

​​亜麻仁油(アマニ油)は、私たちの健康に様々な効果をもたらします。亜麻仁油には、私たちの体内で生成することができないオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため、毎日の食生活で積極的に取り入れるべき食材として昨今注目を集めています。今回は、亜麻仁油がもつ健康効果、適切な亜麻仁油の摂り方をご紹介します。 

目次 
1.亜麻仁油(アマニ油)とは 
2.亜麻仁油(アマニ油)がもたらす健康効果とは 
​​-悪玉(LDL)コレステロール値の低下 
-血圧の安定​ 
​3​​​​.現代人にこそ必要⁉注目を集めるオメガ3脂肪酸 
​​4​​​​.適切な亜麻仁油(アマニ油)の摂り方 
​​5​​​​.健康効果を高めるには!毎日適量の亜麻仁油(アマニ油)の摂取が大切 

​​1.亜麻仁油(アマニ油)とは 

​​

亜麻仁油とは、亜麻という植物の種子から抽出される自然由来のオイルです。亜麻仁油は、なんといってもその栄養価の高さが特徴です。​​オメガ3脂肪酸は、脳をはじめ血管や細胞膜、心臓、肝臓、腎臓などの大切な臓器や肌などに分布する、体に不可欠な栄養素です。​​体内で合成できないため食事からの摂取が必要な栄養素です。亜麻仁油には、このオメガ3脂肪酸​​の一つであるα(アルファ)‐リノレン酸」​​が豊富に含まれています。 
▶亜麻仁油(アマニ油)について詳しくはこちら 

​​2.亜麻仁油(アマニ油)がもたらす健康効果とは 

​​

亜麻仁油は、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸​​の一つである「α(アルファ)‐リノレン酸」​​が豊富に含まれており、私たちの健康に重要な役割を果たしています。まず、オメガ3脂肪酸の種類と、それが私たちの体にどう影響を及ぼすか詳しく見ていきましょう。 

​​2.1. 亜麻仁油(アマニ油)の主要成分​ 

オメガ3脂肪酸は、亜麻仁油やエゴマ油などの植物油やその種子に含まれる​​α(アルファ)‐リノレン酸​​の他、青魚の油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など脂肪酸の総称です。亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸はα(アルファ)‐リノレン酸です。 
オメガ3脂肪酸は、ヒトの体内で合成することができない必須脂肪酸のため、健康維持のために意識して摂る必要がある栄養素です。オメガ3脂肪酸は、脳をはじめとする全身の臓器に必要で、不足すると健康リスクが高まってしまいます。​ 
出典:「アマニの栄養素」一般社団法人日本アマニ協会.png
出典:「アマニの栄養素」一般社団法人日本アマニ協会​ 

2.2.​​​ 悪玉(LDL)コレステロール値の低下​​

​​亜麻仁油に多く含まれる​​α(アルファ)‐リノレン酸​​には、悪玉コレステロール値を低下させる働きがあります。α-リノレン酸にはコレステロールを下げる2つの作用があり、1つ目は、悪玉コレステロールの合成を抑える作用です​​α(アルファ)‐リノレン酸​​は、悪玉Lコレステロールを合成させる司令塔の遺伝子に働きかけ、過剰に作るのをやめさせます。これにより、悪玉コレステロールが適正量になるため、悪玉コレステロール値が下がります。2つ目が、血液中の悪玉コレステロールの蓄積を抑える作用です。​​α(アルファ)‐リノレン酸​​が、悪玉コレステロールの蓄積を支える酵素に働きかけ、その酵素パワーを弱めます。そのため、悪玉コレステロールは、血管内をスムーズに流れるようになり、悪玉コレステロール値が下がります。​ 
悪玉(LDL)コレステロール値への効果.png

​2.3. 血圧を下げる

​亜麻仁油に多く含まれる​​α(アルファ)‐リノレン酸​​には、血圧を下げる働きがあります。​​α(アルファ)‐リノレン酸​​には血圧を下げる2つの作用があり、1つ目は、血管を強く収縮させるアンジオテンシンⅡを作らせないという作用です。2つ目が、血管を広げるブラジキニンを守り、血圧を調整する作用です。亜麻仁油に多く含まれる​​α(アルファ)‐リノレン酸​​は、体の中から血圧管理をサポートしてくれます。 
悪玉(LDL)コレステロール値への効果.png
​​

​​ニップンのアマニ油効果​は、α‐リノレン酸が豊富なカナダ産ゴールデン種のアマニを100%使用しており、α‐リノレン酸をたっぷり60%以上含有。「悪玉(LDL)コレステロールが高めの方に」「血圧が高めの方に」Wの機能で、いつまでも健康でいたい方を応援します。​ 
ニップンアマニ油効果
​​機能性表示食品 
【届出番号】H979 【届出表示】本品にはα-リノレン酸が含まれています。α-リノレン酸には、血中の悪玉(LDL)コレステロール値を低下させる機能があること、血圧が高めの方の血圧を低下させる機能があることが報告されています。​ 

​​食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。 
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。 
本品は国の許可を受けたものではありません。​ 

​​3​​.現代人にこそ必要⁉注目を集めるオメガ3脂肪酸​ 

​​魚料理が身近な日本人は、昔からオメガ3脂肪酸をたっぷり摂取してきたと言われています。しかし、食の欧米化が進むにつれ、魚を食べる機会、オメガ3脂肪酸を摂る機会が減っています。こういった背景からも、現代人に必要な栄養素としてオメガ3脂肪酸の重要性が認識されるようになり、手軽に摂取できる亜麻仁油が注目されています。亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸のなかでも、​​α(アルファ)‐リノレン酸​​は体内でエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)へと変換されるため、魚をあまり食べない方でも効率的に必須脂肪酸を摂取することができると言われています。​ 
​​出典:『食生活をアマニで改善!アマニガイドブック』日本アマニ協会​ 

​​4​​​​.適切な亜麻仁油(アマニ油)の摂り方 

健康に良い効果が期待される亜麻仁油ですが、効果的かつ安全に亜麻仁油を摂取するためには、適正な量と安全性に注意を払う必要があります。​ 

​​4​​​​.1. 亜麻仁油(アマニ油)の摂取量 

​​オメガ3脂肪酸の摂取目安量は、成人1日あたり1.6g~2.2g/日(※3)です。アマニ油はオメガ3脂肪酸(α‐リノレン酸)の含有率が高いため、小さじ一杯(約4.6g)を摂取すれば、一日の摂取目安量をクリアできます。オメガ3脂肪酸は含まれている食品が少なく摂取が難しい栄養素ですが、アマニ油で簡単に日常にオメガ3を取り入れられます。​ 
​​※3:​​厚生労働省「日本食事摂取基準 2020年版」​ 

​​4​​​​.2. 亜麻仁油(アマニ油)を安全に摂取するための注意点​​ 

亜麻仁油はその健康効果から多くの人々に愛用されていますが、安全に使用するためにはいくつかの注意点があります。まず、亜麻仁油は品質を保持するため、密閉容器に入れ暗所での冷暗保存が一般的です。高温多湿の環境下や直射日光があたる場所での保管は避けてください。賞味期限は商品によって異なりますが、なるべく早めに使い切ることを推奨します。油が酸化して劣化すると生じる特有の匂いを感じた時は使用を避けるほうが賢明です。適切な保存と賞味期限の確認を心掛け、亜麻仁油を上手に活用していきましょう。​ 

​5​​.健康効果を高めるには!毎日適量の亜麻仁油(アマニ油)の摂取が大切 

亜麻仁油を毎日の食生活に取り入れることで、内側から​​​​健康​​を養うことができるでしょう。最も大切なことは、毎日適量の亜麻仁油(アマニ油)を摂取し続ける習慣化です。​ 

​ニップンの「アマニ油効果」をお試しください 

ニップンのアマニ油​​効果​​には、食用に開発されたカナダ産のゴールデン種のみを使用。α-リノレン酸の含有量が多い希少な品種(搾油後の原油でα-リノレン酸含有量が60%以上になる品種)​​です​​。 
さらに、日本アマニ協会の厳しい審査基準を経た認定商品であり、搾油方法にはコールドプレス製法を採用しています。​ 

​​おすすめ商品:「アマニ油効果」個包装(4.4g×31袋) 

おすすめ商品:「アマニ油効果」個包装.jpg
これから亜麻仁油を日々の食事に取り入れようという方には、最後まで劣化なく使いきれるよう、まずは小さい容量のものを選ぶのも良いでしょう。個包装で持ち運びに便利な「アマニ油効果」は、お弁当、日々の外食などいつでもどこでも気軽に持ち運びができ、摂り忘れを防ぐことができます。光と熱に弱く、酸化しやすいアマニ油だからこそ、個包装にすることでフレッシュな状態をキープしています。1日1袋、計量いらずで適量を摂取できます。サラダ、ヨーグルト、ジュースに、手軽に亜麻仁油を取り入れてみてください!​