亜麻仁油とMCTオイルの違いを解説!活用方法は?

目次 
1. 亜麻仁油とは?その基本を知ろう 
2. MCTオイルの基礎知識 
3. あなたに合う油はどちら?栄養素と効果の比較:亜麻仁油 vs MCTオイル 

健康志向が高まる中、特に注目されているのが亜麻仁油とMCTオイル。 
いずれも異なる魅力がありますが、どのように選び、使い分けると良いのでしょうか? 
また、亜麻仁油に含まれる成分は、日々の血圧対策に効果的とも言いますが、本当なのでしょうか?  
この記事では、その違いについて詳しく解説し、ライフスタイルに合ったオイル選びをご紹介します。 

1. 亜麻仁油とは?その基本を知ろう 

1.1. 亜麻仁油の由来 

アマニ(亜麻仁)とは、アマ(亜麻)という植物の花の種子(仁)のことです。アマの原産地はコーカサスから中近東地域と言われています。茎からは織物に使える繊維を採ることができ、種は食用として使われるほか、アマニ油を採ることもできます。その豊富な栄養価から「スーパーフード」として近年注目を集めています。 
出典:「アマニとは」ニップンのアマ二 

1.2. 亜麻仁油の摂取効果:悪玉コレステロール値と血圧への効果に着目 

亜麻仁油の健康への効果をさらに詳しく見ていきましょう。 
亜麻仁油に多く含まれるα(アルファ)‐リノレン酸には、悪玉(LDL)コレステロール値を低下させる2つの作用があります。1つ目は、悪玉コレステロールの合成を抑える作用です。α(アルファ)‐リノレン酸は、悪玉コレステロールを合成させる司令塔の遺伝子に働きかけ、過剰に作るのをやめさせます。これにより、悪玉コレステロールが適正量になるため、悪玉コレステロール値が下がります。

2つ目が、血液中の悪玉コレステロールの蓄積を抑える作用です。α(アルファ)‐リノレン酸が、悪玉コレステロールの蓄積を支える酵素に働きかけ、その酵素パワーを弱めます。そのため、悪玉コレステロールは、血管内をスムーズに流れるようになり、悪玉コレステロール値が下がります。 
亜麻仁油の摂取効果:悪玉コレステロール値と血圧への効果に着目.png
また、α(アルファ)‐リノレン酸には血圧を安定させる作用もあります。血管を強く収縮させるアンジオテンシンⅡを作らせないという作用と、血管を広げるブラジキニンを守り血圧を調整する作用です。 
亜麻仁油に多く含まれるα(アルファ)‐リノレン酸は、体の中から血圧管理をサポートしてくれます。 
亜麻仁油の摂取効果:悪玉コレステロール値と血圧への効果に着目.png

ニップンのアマニ油効果は、α‐リノレン酸が豊富なカナダ産ゴールデン種のアマニを100%使用しており、α‐リノレン酸をたっぷり60%以上含有。「悪玉(LDL)コレステロールが高めの方に」「血圧が高めの方に」Wの機能で、いつまでも健康でいたい方を応援します。 
機能性表示食品 
【届出番号】H979 【届出表示】本品にはα-リノレン酸が含まれています。α-リノレン酸には、血中の悪玉(LDL)コレステロール値を低下させる機能があること、血圧が高めの方の血圧を低下させる機能があることが報告されています。 
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。 
本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。 
本品は国の許可を受けたものではありません。 
▼商品を詳しくみる
▼亜麻仁油について詳しくはこちら 

2. MCTオイルの基礎知識 

2.1. MCTオイルとは?概要と特徴 

MCTオイルとはMedium Chain Triglyceridesの略称で、炭素数6〜12の中鎖脂肪酸100%で構成されたオイルのことを指します。 
MCTオイルは、一般的なオイルと比較し体内での吸収が早く、肝臓で速やかにエネルギーに変換されるため、余分な脂肪として体に蓄積されにくいという大きな利点があります。 
また、通常の長鎖脂肪酸よりも消化・吸収が容易なため、胃にも優しく、即効性のあるエネルギー源として注目されています 

2.2. MCTオイルが健康に与える効果 

エネルギーになりやすいMCTは、少量でも健康維持に役立つ可能性がある成分として、医療現場でも長らく使われてきました。また、エネルギーに変換されやすい特徴を活かし、スポーツ時のエネルギー補給としても注目されています。 

3. あなたに合う油はどちら?栄養素と効果の比較:亜麻仁油 vs MCTオイル 

亜麻仁油とMCTオイルは、それぞれ違った栄養素が豊富です。 
亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸は、脳をはじめ血管や細胞膜、心臓、肝臓、腎臓などの大切な臓器や肌などに分布する、体に不可欠な栄養素です。しかしこの脂肪酸は体内で生成することができないため、私たちの食生活において積極的に摂取すべき栄養素とされています。 
一方、MCTオイルは体が素早くエネルギーに変換しやすい中鎖脂肪酸を豊富に含んでいます。 
どちらの栄養価が高いかと一概に言うことはできません。目的や体質に合わせた選択が重要になるのです。 

例えば、アクティブな毎日を送るスポーツ愛好家であれば、エネルギーを素早く補給できるMCTオイルが適しているでしょう。一方で、悪玉コレステロールや血圧への効果を期待したい方は、亜麻仁油の摂取がより好ましい選択となります。 
自分のライフスタイルに合ったオイル選びを行うことで、日々の幸福度や健康にポジティブな影響をもたらすことができるのです。

​​ニップンの「アマニ油効果」をお試しください 

​​ニップンのアマニ油には、食用に開発されたカナダ産のゴールデン種を使用。ゴールデン種は、アマニの名産地であるカナダをはじめアマニ全体で5〜10%程度しか生産されていない希少なアマニです。日本アマニ協会の厳しい審査基準を経た認定商品であり、搾油方法にはコールドプレス製法を採用しています。​ 
​​ニップンのアマニラインナップには、アマニ油から、粒・粉末状のローストアマニ、アマニを使ったサプリメントまで幅広くご用意しています。ぜひ健康的な毎日の生活に、ニップンのアマニをお役立てください。​ 

おすすめ商品:「アマニ油効果」個包装(4.4g×31袋) 

おすすめ商品:「アマニ油効果」個包装.jpg

これから亜麻仁油を日々の食事に取り入れようという方には、最後まで劣化なく使いきれるよう、まずは小さい容量のものを選ぶのも良いでしょう。 
個包装で持ち運びに便利な「アマニ油効果」は、お弁当、日々の外食などいつでもどこでも気軽に持ち運びができ、摂り忘れを防ぐことができます。光と熱に弱く、酸化しやすいアマニ油だからこそ、個包装にすることでフレッシュな状態をキープしています。1日1袋、計量いらずで適量を摂取できます。サラダ、ヨーグルト、ジュースに、手軽に亜麻仁油を取り入れてみてください! 
▼商品を詳しくみる